ホーム

JLDA事業報告

JLDA事業報告

令和1年度 理事・監事 名簿

役職氏名
代表理事・会長 河野洋平
副会長 舘石逸見
理事 平山衛耀
業務執行理事 松井 諭
監事 奥山政夫

会員名簿

 正会員

日本アクアラング株式会社
NPO美ら海振興会
mic21株式会社
株式会社キヌガワ
株式会社水中造形センター
セントラルスポーツ株式会社
株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン


令和1年度 事業計画

令和1年度における当協会の事業計画は、次のとおりである。

1. 会議の開催

(1) 総会

 1) 通常総会 年1回(事業年度終了の後3カ月以内)

 2) 臨時総会 必要に応じて開催

(2) 理事会

 1) 定例理事会 年4回(不定期開催)

 2) 臨時理事会 必要に応じて開催

 3) 委員会(部会等) 必要に応じて開催
定款第6章 理事会 第29条 2 前項の規定にかかわらず、法人法 第 96 条の要件を満たしたときは、理事会の決議があったものとみなす。

2. 事業の実施

令和1年度事業計画は、部会(委員会)にもとづき立案し、理事会の承認を経て実施する。

(1)部会(委員会)による事業案

 1) マリンダイビングフェアを積極的に活用し、業界の活性化を促進する。

 2) ダイビング関連事業者を対象に、消費者保護の為に改正消費者契約法、景品表示法、特定商法等のセミナー及び勉強会を実施する(経産省指導)。その他:高圧ガス保安法、労働安全衛生法、旅行業法、自動車運送法についても随時、勉強会を開催いたします。

 3) キャッシュレス・消費者還元事業の推進(経産省指導)

 4) ダイビング関連情報の普及事業

・ダイビングとスポーツに関連するイベントを積極的に活用する。

・ダイビング事業者対象 新登録制度の提案

(2) 公益性の高い事業の継続

 1) 動向調査

 2) 消費者相談窓口

(3) その他の事業 相互扶助事業


一般社団法人日本レジャーダイビング協会定款

下記のPDFからご確認ください

日本レジャーダイビング協会定款